スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ケチくさい…?

Haluとトクさんのプレイ環境は、
・PS2×1台
・PC×1台
となっております。
どちらがPSかPCかは決まっておらず、適当にその時の気分で使っています。

今日はトクさんは外出。
夕方に時間が空いたので一人でログインしました。

フレの方に久々にご挨拶Tellしてしばし雑談。

Gさんがわざわざ会いに来て下さるという事で、釣りをして待つことに。
久しぶりの釣り。

堀ブナがつれるとほくそ笑み、

トリカラードカープが釣れると「む…」と思うケチくさい私。

バケツなら…そこそこ嬉しいですが数が中途半端になったときの悔しさといったら。

トクさんあたりに「そのあたりが『庶民』たる所以か」とつっこまれそうです。


それから、けちくさいといえばもう一つ。

以前フレの方に

「FFXIはパソコンのハードディスクをひどく消耗させる」

と聞いたことがあります。
確かに、PCでプレイしていると時々「ギギ」って音が…。
まだ新しいPCなのですが。

ちなみに今日はPCでログインしていたのですが、
している事といえば釣り。
ボタンを数個おすだけの単純作業。

しかしこうしている間も確実にハードディスクは消耗され…







……もったいないから釣りだけするためにログインするときはPSにしとこう


なんてけちな事を考えていましたけれども。





真っ赤にかっこよくなっていたフレのGさんの姿をSSにとれたので、今日はよかったと思いました。




余談ですが、

この記事をアップしてわずか数分後。
「旦那では満たされない人妻:旦那では満たされない人妻 」
というえっち広告がトラックバックされており。(削除しました)
こうピンポイントに人妻のブログを狙ってくるってどういう仕組みなんでしょうか。




メッセージでキャプチャーソフトについて情報を下さった方。
情報ありがとうございました。早速参考とさせていただきます。
スポンサーサイト

挑☆発

緊急メンテナンスということで、早い夕飯を終えてブログの更新。
ゲームもですが、画像を加工したりなどブログ更新作業も楽しいです。




今日もバストゥークの裏山に登りました。
しかし今度はGoblinをリンクさせて死亡。



学習しない二人。





Halu「狭いとから危ないね。別の場所へ行こう」
トク「そうしよう」



という事で広い灯台方面へ。



このあたりの風景は昔から好きでした。
ちょうど早朝の、日が昇った頃でしたので東よりの海岸へ。



飛行艇が遠くへ飛んでいくところでした。
きれいだねーとトクさんが感激。






しばらく灯台周辺で鳥やゴブやミミズなどを倒していき、西へ進んでいきます。
すると、カメが徘徊するエリアに。




あ、みつけた、おじいちゃん~
気がつかないのかしら




おじーーちゃん!



!!!う”っ



パタ…

「・・・・・・・」
「・・・・・・」

トク「なんかこのカメ倒すとすごくいたたまれない気持ちになるな」



気のせいだと思いたい










しょっぱな死亡したりと、ハプニングがありましたが、
その後は順調に進み、トクさんは挑発を覚え、Haluもファストブレードを修得しました。

1時間ほど遊んで、今日はおしまい。





タイトルに若干の変更

ブログタイトルを少し改造しました。

初代「Haluうらら」
→独身時代のタイトルです

第二代目「Haluうらら~ふたりでFFXI~」
→結婚したのでとりあえず仮につけた名前です


ふたりでFFXI

ちょっと「まんま」すぎてハル的には「つまらない」

ブログのコンセプトは、
のんびり・ゆっくり・マイペース

しかしだからといって「のんびり日記」とか「まったり日記」とかもすでによく見るタイトルであります。

気持ち的には当分新米・初心者なのですが、
しかし「初心者」という単語は期間限定でいつまでも使えるわけでもなく。

そこで考えた結果、この単語がぴったりだと分かりました。


ザ・庶民


トク「ザ はいらないだろ」


というわけで、

庶民

という単語を使いました。
冒険というよりは、ヴァナ・ディールでの生活を楽しもう、といった趣です。


051126_001.jpg

素朴な疑問と回答

夜中に30分ほどログイン。

051125_002.jpg

レベルあげの続きをやりました。

商業区から外に出て、出口近辺で手当たりしだい倒していきます。
ふと、攻撃を受けてハデに紫の血を撒き散らす様子をみてトクさんが一言。


051125_001jpg


いや、、紫…?
緑だった気もするし…?

ほんとどうでも良い話なのですが、
そういえば紫だっけ、緑だっけ…と考え出したら止まらなくなるのが常。

ちょっとGoogleで調べてみると、
「緑」と書いている方もいれば、
「紫」と書いている方もいる。

ドラゴンボールは小さい頃よく見たのですが、
どうしても血の色だけ思い出せません。

どうでもいいことなのに……


とりあえず唾液は緑のようですが。



051125_003jpg



衝撃的。


○流血ナメック星人のカラー画像


なんて用途不明な画像を探し出すのはちょっと一苦労。
ようやく発見しました。





紫でした。
トクさん正解です。




話を戻しまして、



バストゥーク周辺で戦闘してみました。
「強そうだ」な鳥も、
「同じくらいの強さ」なミミズも、
「同じくらいの強さ」な球根も、
「強そうだ」なゴブもいけました。

トクさんがファストブレードを修得。




気がついたらチェーンまで。





そして調子にのって羊に挑み、


死亡





Halu「強いね~」
トク「うん、強いね~」



トク「このアングル、なんとも哀愁が」
Halu「安らかな死に顔だね」




あ、痛そう





キリが良いので、今日はこれで終了です。
ドロップアイテムは全てトクさんにトレード。



Halu「SSを整理するから先にログアウトするね、アイテム競売に出してきてね~」
トク「あいさ!」





そしてHaluがSSを整理している間に、
トクさんは競売へクリスタルを出品してログアウト。


お疲れ様でした。

blog Rankingに参加してみました

前前から気になっていた、blog Rankingに、良い機会なので登録してみました。
自分のブログを発表できる場はトラックバックピープルぐらいしか思いつかなかったのですが、ここのblog Rankingもブログを探すのにとても便利だし面白いと思います。

blog Ranking 詳細はこちら

あと、ブログ用のちっちゃいバナーを作りたかったというのも理由なのですが。

blog Ranking用バナーはコレ↓
blogranking.gif

お気に入りの素材屋さんであるweb*citronさんの素材を拝借しています。

NO TIME GUM

ブログ「Haluうらら~ふたりでFFXI~」について

幻の珍獣ホッキョクHaluとホッキョクTockの一年を、
日本人動物カメラマン小泉総理が極北の雪原に追う!
感動のノンフィクションフィルム!

いきなり次回予告 様 ←気に入ったらしい




Haluとトクさんのご対面が叶いました。
ちなみにプレイ環境は、同じ部屋でちょっと離れた机でお互いプレイしています。
チャットの会話よりは声に出しての会話がメイン。

トク「この装備(初期装備)なんか露出多いな~」
というわけで、装備を整えます。

Halu:赤魔 Lv.1
Tock:戦士 Lv.1



サンドリアの奥様に頂いたサブリガがついにこの日役立つことに。



トク「露出度あがってる気がする」
Halu「大丈夫。それが常識みたい」

そういう事にしておきました。

意外とベレー帽が似合って不覚。
帽子からはみ出した耳(じゃないけど)がポイント高い。
私のキャラは帽子をかぶると髪型が強制アップになるので、ちょっと羨ましかったです。




二人でプレイを始めた記念に、LSを作ることにしました。
メンバーは二人だけなので、TellやPT会話をすれば良いだけなのですが、やっぱりなんだか名前の横に何もついていないと物寂しいといいますか。



さっそく、バストゥーク港にあるLS売りのおばちゃんのところへ。



シェル下さい~





門前払い


仕方が無い…
日付かわるまでそんなにかからなさそうなので、その場で待つ事にしました。

待っている間、
このおばちゃんNPCを使って遊ぶ二人。





嫁「ちょっとアンタ!なんなのこのYシャツの口紅は!」(典型)
夫「な、なんのことだ?満員電車でついたんだよきっと」(典型)




嫁「もうっ!今度という今度は許さないんだから!」(典型)
夫「ママン助けて(>_<)」
姑「ちょっとヨシコさん、ウチのマサヒコちゃんが何をしたっていうのかしら?」




ヨシコ「お、お義母様、、なんでもありませんよーアハ」
姑「そう?なら良いんだけど。そうそう、あなたお味噌汁の味が薄いわよ。マサヒコちゃんはかならずコンブとカツオ出汁じゃないとダメなんだからしっかりしなさいよ」




姑「ねーマサヒコちゃん」
マサヒコ「うん、ママ!」
ヨシコ「……」




こんなクダラナイことしているうちに、曜日がかわって火曜日に。
おばちゃーん、シェル下さい。









門前払いPART2




しかも今度は12時間(ヴァナ時間)


ヴァナディールの1時間は地球時間で約4分ときいたので、
さすがに50分近くもここで漫才はできません。
もう、この部屋でネタにできる事がありません。

なので、営業時間まで外に行くことにしました。





二人で戦闘。
さすがガルカは強くて、バストゥーク入り口周辺の敵を枯らす勢いで倒していきます。


Lv.2になり、戦闘のコツがなんとなくわかったところで、
再びシェル屋さんに戻ります。


無事にパールも開封できました。



バンザイ



Halu「このリンクシェルは、色と名前を好きなのをつけられるんだよ」
トク「ほー、色はなかなかいいね。名前は?どこでみるの?」

Halu「ハミガキガム」

トク「…え?」






元祖 歯みがきガム ↑



トク「な、なんでこの名前?」

Halu「時間がなくても、楽しく遊んでいきましょう、っていうコンセプトだから」

トク「それがなんでハミガキガムに?」


時間がない

NO TIME

歯みがきガム「NO TIME」

ハミガキガム

HamigakiGum





というわけで、二人のLS「HamigakiGum」を作りました。
FFXIの世界は広くて大きく、
この世の中と同じで分からないこと・次元が違うこと・ついていけないことがいっぱいあります。
でもそんなことは気にせずにやれる事を楽しくやっていこう、という希望がこめられております。




Haluが独り者だった時代にLSのお誘いを下さいました皆様、その節はありがとうございました。
砂丘でPTを組んでくださったり、いろんなところをご案内してくださったりしたのに、お誘いいただいてから割りとすぐにお休みに入ってしまってお礼もままならず、あまりメンバーの一員として会話やイベントなどにも参加できずにすみませんでした。

のんびりと世界を回りつつ成長していきたいと思っていますので、また大きくなった頃にどこかでお会いした時はよろしくお願い致します。

初対面

前回までのあらすじ

深い深い穴に落ちてしまったHalu!
そこで出会ったのは、米粒仙人Tockだった!
仙人Tockは、秘宝『スクウェアエニックスのおへそ』を授けるという。
Haluは、『スクウェアエニックスのおへそ』を受け取るのか!?

いきなり次回予告 様より


めでたくヴァナ・ディールに誕生したトクさん。






しかしHaluはジュノにいました。




本当はすぐにこんな風に向かえてやりたかったのですが、




そんな風にはいきませんね。






トク「とりあえず優待券渡して~で、どうすればいいかな」
Halu「適当に待ってて~」
トク「・・・ハイ」






しばし待つ事15分ほど。




Haluがようやくバスに到着しました。

感動の出会いをトクさん視点でどうぞ。




Halu「トクさんどこ~?」




















通り過ぎた



BOCHI BOCHI

こんにちは、Haluです。

10月、11月とほとんど更新せずお休みを頂戴しておりました。
あまりに更新が滞っていたので、今月の頭に更新停止のお知らせをさせて頂きました。

思いのほか、色々と周りが順調に進み生活も安定してきましたので、念願のFFを少しずつ再開しようと考えています。


今度はふたりで。


元々ゲームとか好きだったダンナさまがFFXIに興味を示しました。
仕事柄、二人ともあまり時間がとれないので、レベルあげパーティやその他で結構な時間を割かねばならないこのゲームを続けていくのは大変だろうなと思っていたのですが、

なら一人や二人でやれることをやればいいよ

というシンプルな彼の言葉に「そーいえばそうだな」と思い、二人でプレイしていくことにしました。

これまでは、Halu一人のネタ日記みたいな形でしたが、
今後は「少人数でFFXIを楽しむ方法」をテーマにブログを書いていこうと思います。
1人~2人できることはすごく限られてくると思いますけれど、全部やろうとしないでヴァナ・ディールの一庶民みたいな感じで遊んでいこうかなと考えています。


なんだか思ったより早い復帰になって逆に恥ずかしいんですが…
でも復帰できて嬉しいです。
ヴァナ・ディールの皆さんまたよろしくお願い致します。


Halu





ダンナさまについて

Haluのダンナさまは昔の事故で片手が少々不自由です。
操作上の理由でオンラインゲームは敬遠していたようです。
でも二人で遊ぶなら全然気にしなくて大丈夫。
片手操作でも慣れれば問題なくなるかもしれないし、
マクロを上手く活用すれば問題ないはず。

ちなみに、ダンナさまみたいなタイプの場合、キーボードの両脇にコントローラーがついたタイプではなくて、キーボードの前に普通のコントローラーを置いてやるとプレイしやすいみたいです。

コントローラーにそって手を横に置き、
親指でR3やL3を動かして、
人差し指など長い指でボタンやR1/2を押し、
脇の小指・人差し指でL1/2が押せるみたいです。

器用だなーと感心してみています。

これ私もマスターしたら片手で何かやりながらプレイできたりして。

できません。
不器用ですから。




準備ができたら、さっそくキャラクター作成からはじめます。
私が一人でスタートさせた頃を思い出してなんだか懐かしいです。

特にダンナさまはリアクションが大きいんで。

私がそうしたように、オープニングムービーを見せてからのスタートです。

ダンナ「っこぇ
オークにおびえるダンナさま。
051123_001.jpg

ちょっと怖い映画を見に行くと、女子高生よりリアクションが大きくて恥ずかしいことこの上ないのです。


ムービーを終えて、キャラクターメイキングをはじめます。

ダンナ「お、これかっこいいな」

051123_002.jpg

エルヴァーンに目をとめたようです。

ダンナ「でもちょっと俺にはかっこよすぎるな」

ダンナは少々自意識過剰なようです。

次にダンナが目にとめたのは、

051123_003.jpg

ダンナ「これがのミスラか」

どこで噂になってたんですか

Halu「語尾に「にゃー」とかつけたらうっかり離婚しちゃうかも」
ダンナ「…言わないでいる自信がないな…やめとく」


051123_004.jpg

ダンナ「やっぱ人間の女の子はかわいいのが多いな」
Halu「女の子キャラにするの?」

ヒュームはすでに私が使っているので面白くないから別のにするとのこと。

ダンナ「このガルカがいいな」
Halu「おお、ハゲにするのね、ご英断」

051123_005.jpg

Photoshopフィルタ:逆光効果↑

ダンナ「なんでハゲって決まってるんだしかもこの加工はヒドイだろ…」
ガルカといえばハゲとHaluの中では相場が決まっているもので。

と上記のような議論の末、ダンナさまが作ったキャラクターは

051123_006.jpg


となりました。

トクさんです。
よろしくお願いします。

更新停止のお知らせ

こんにちは、Haluです。
長らくブログほったらかして申し訳ありません。
そして、FFXIにもログインしておらず。

実はこのたびHaluは結婚する事になりました。
色々と生活や仕事で大変になりそうなので、
時間がとられがちなオンラインゲームはしばし辞めようと思った次第です。

ゲームもブログもとても楽しかったです。
良い思い出になりました。
フレンドになって下さった皆さん、
辞める前にご挨拶できなくてごめんなさい。
ブログをご覧頂いた皆さん、
沢山のTellやコメントをありがとうございました。

ゲームが趣味である事に変わりはありませんので、
またFFXIを再開するかもしれないし、
違うゲームをするかもしれないし、
まだ分かりませんが、またどこかで皆さんとお会いできたらなと思っています。
ブログはしばらく残しておこうと思います。
Haluのアカウントやキャラも、残しておくつもりです。

改めて、
皆さんありがとうございました。
しばしの間、さようなら。


Halu

FC2Ad





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。