スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼の名は…

次のミッション「彼の名はシド」をやることに。

h-elevator.jpg


全然話は変わりますが、大工房に来るたびに、このエレベーターの安全性を疑問視してしまいます。
まず、下に子供などが入り込んでしまったらどうなるのか。
あまり想像したくありません。
前後に柵がないので運行中に人が落ちたりしないのか。

このエレベーターを見ていると、某新幹線駅の駅員さんを思い出します。

「はぁい、電車が入ります、さがってくださぁぁああい!!!(怒)」
「安全柵からはぁなあれてくださぁあいっ!!(怒)」
「離れてください!!!!!!(頂点)」

彼はいつも怒っています。
これぐらいの職員が、大工房に一人ぐらいは必要なのかもしれません。

そんな事はどうでもよくて。
ダングルフの涸れ谷 というところに行って来いといわれました。
ガンダルフ と読んだ私は一時期ロードオブザリングにハマっていたのがバレバレです。

テスターという物を渡されて、リトマス試験紙で喜んだ小学生時代を思い出します。
これで、谷のどこかにある、水の噴出孔にいけば良いとの事。

h-dangulf.jpg


とんだ瞬間をスクリーンショットにとれないのが残念。
立ち居地をちゃんとしないと飛んでくれなくて、後ろからGoblinは迫ってるしでかなり焦りながらのリトマス試験紙実験でした。

リトマス実験が終わって再びシドさんに話しかけると、フォルカーさんという男性が登場。
ヒゲ裸エプロン VS ヒゲ胸開きワイルド
な光景が私そっちのけで繰り広げられ。
コレもスクリーンショットにとれないのが残念です。

ちなみに私はワイルドなダンディーを応援します。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://haluurara.blog23.fc2.com/tb.php/12-c462ba03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。