スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

非常なる潮干狩り

LSのSさんに、潮干狩りに連れて行って頂きました。
ビビキー湾から船に乗って、小島のようなところへ。
ここがプルゴノルゴ島というそうです。

青い空、白い砂浜、透き通る海、

と南海リゾート地を形容する言葉がそのまんま表現されたようなきれいな場所です。
町の中でしか着た事のない水着がようやく日の目を見たようです。

purugo-sand.jpg


アンモナイトのような生き物がいたり、
サルがいたり、
そして黒いマンドラゴラがいたり!
FFをはじめた当初はタルタルに騙されそうになり、
今はマンドラゴラに唆されそうなHaluです。

kuromandora.jpg


FFでの潮干狩りのルールは、
ブラックジャックに似たような感じで、
入れられる重さの上限が決まったバケツを渡され、
その許容重量を超えないように
アイテムを拾っていくというもの。
拾うアイテムにはそれぞれ重さが設定されていて、
重さを計算しながら掘っていきます。

行為は地味ですが、結構楽しいです。

拾う物例)
ビビキースラッグ 3p
石つぶて 7p
ジャックナイフ 11p
シャル貝 6p

たいていは6p前後の物が多いのですが、
35pもある火成岩というのがあって、
これを当てたらほぼ重量オーバーでバケツの底が破れて失敗。

バケツの重さ100pに挑戦する事2回。
無事に91まで来る。これを95~100の重さにしなければならない。
ほとんどのものは6pだから、ハズレさえ来なければクリアー




そこで火成岩引き当てるのがお約束ってもんです。



るーるーるるるー

purugo-sunset.jpg


博打に負けてたそがれる悲しい背中 の図


こんなに世知辛い潮干狩りは初めてです。



でも帰りの船でイルカの大群が見られたので、
満足です。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://haluurara.blog23.fc2.com/tb.php/46-465b497d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。